「タヒボNFD」の製造工程

タヒボジャパン社では、自然保護の観点から無秩序な伐採を防ぐために、植物分類学上の知識を修得した専属の伐採チームを編成して樹木の選定を行っています。

特定地域であらかじめ調査確認した樹木の樹皮サンプルを、花や葉などの植物標本と一緒に研究所に送り、樹種やサンプルの成分が基準を満たしているか検査します。
その後、基準値を満たした樹木のみを一定の時期に伐採し、現地工場にて乾燥、粉砕して原料チップを製造し日本に輸出します。
チップのサンプルは、日本で様々な分析と試験が行われた後に、製品化されて皆様にお届けしております。

タヒボの選別
タヒボ製造工程-樹木の選別発見したタヒボの木からサンプルを採取し、研究所に送ります。
検査結果、一定基準を満たした高品質のもののみが「タヒボNFD」の原料と認められます。
タヒボの伐採
タヒボの製造工程-伐採大変堅く重い材質なのでチェーンソーで1日に2本しか伐採できません。
タヒボの製造工程-運搬伐採した原木をトラックで特定の製材所に運搬します。(約1週間)
タヒボがチップになるまで(1)
タヒボの製造工程-樹皮をはぐ製材所で樹皮を剥ぎます。(この時点では、外皮も内皮も一緒)
タヒボの製造工程-樹皮の乾燥樹皮を天然の太陽の光で乾燥させます。(約3ヶ月間)
タヒボの製造工程-タヒボ現地工場乾燥が終わったら、樹皮をトラックで現地工場に運びます。(約10日間)
タヒボがチップになるまで(2)
タヒボの製造工程-樹皮の天日干し現地工場に到着した樹皮は再度天日で干します。(約2ヶ月間)
タヒボの製造工程-外部樹皮と内部樹皮この時点で、自然に外部樹皮と内部樹皮が剥がれます。
タヒボの製造工程-内部樹皮断裁外部樹皮からはがれた内部樹皮をブラッシグして小さく裁断します。
タヒボの製造工程-内部樹皮をチップ状に断裁した内部樹皮を機械で細かいチップ状にします。
チップを再度天日で干します。(約2ヶ月間)
タヒボの製造工程-3-5乾燥済みのチップを20kg入りの麻袋に入れます。
タヒボの製造工程-チップの保管袋に入ったまま倉庫内で乾燥させて出荷を待ちます。(約6ヶ月間)
タヒボの輸送
タヒボの製造工程-輸送原料チップをコンテナで日本の倉庫に運びます。(約1ヶ月間)
到着した原料チップは自社倉庫に保管されます。
タヒボが商品になるまで
タヒボの製造工程-日本国内での保管食品安全基準に適合した委託工場にて、粉砕・粉末化した後、滅菌処理します。
タヒボの製造工程-品質検査最後に品質検査を行い、ようやく製品となります。
お客様のもとへ
タヒボの製造工程-お客様のもとへ

このように、「タヒボNFD」は約2年かかって商品になります。
同じ天然物でも採取する場所と季節により含有する成分が大きく異なることが証明されています。タヒボジャパン社は何代にも渡って伐採権を所有する現地法人と提携し、自社にて伐採体制を確立して高品質の製品を提供しております。また、不正な業者の盗伐を防ぐため、伐採地の公表は一切しておりません。
伐採から商品誕生にいたる厳重な管理、検査のプロセスは妥協を許さないタヒボジャパン社の安全管理体制への姿勢が現れています。

粗悪な類似品が出回っています!ご注意下さい!
最近、粗悪な類似品が数多く出回っております。一部の類似品の販売業者はタヒボジャパン社の資料などを無断で使用するだけでなく、転載なども行っている悪質業者です。それらの業者の中には「タヒボNFD」の成分に遥かに及ばない粗悪な原料を研究分析することなく販売している者さえおります。タヒボジャパン社では、原料の伐採を一貫して自社で行い、高品質なものを選別、品質の保証を受けたもののみを製品化し、皆様にお届けしております。「イペ」「パウダルコ」「ラパチョ」「タベブイア」と称して販売されているものなどは、タヒボジャパン(株)商品とは一切関係ありません。類似品にはくれぐれもご注意いただき、お買い求めの際は、 タヒボジャパン(株)の「タヒボNFD」とご指定下さい。

タヒボ類似品との差別化を図るために商品名が[TAHEEBO NFD]に変更となりました。
「タヒボNFD」「TAHEEBO NAFDIN(タヒボナフディン)」「タヒボNFD まるごと」は、タヒボジャパン株式会社の登録商標です。(商標登録番号 第4662900号 第4732703号 第5770091号 )

お問合せ:0120-455-576(フリーダイヤル)
商品のご注文・ご質問などお気軽にお電話下さい。受付時間(日曜日祝日を除く9:00~18:00)