「タヒボNFD」粉末

「タヒボNFD」粉末

「タヒボNFD」粉末アルミパック「タヒボNFD」粉末粉末状「タヒボNFD」粉末計量スプーン

「タヒボNFD」粉末タイプ
長期タヒボ愛好家に根強い人気のロングセラー商品です。煮出して飲むタイプです。付属のスプーン(専用計量スプーン・大5g/小1g)でお好きな濃度に、簡単に調整できます。密封包装(チャック式)ですので、長期間の保存が可能です。
標準小売価格:21,600円(税込)送料・代引き手数料は無料です

原材料タベブイア・アベラネダエ(ノウゼンカズラ科)
内容量150g
原産国ブラジル
輸入・製造元タヒボジャパン株式会社
タヒボジャパン社の使用原料には、米国国立衛生研究所(NIH)報告のラパコールが含まれていないことを提携研究施設にて確認済みです 。

「タヒボNFD」粉末の作り方

粉末作り方

  1. ポットに水1リットルを注ぎます。 タヒボセラミックポットのくびれの部分まで注ぐと約1リットルです。正確に水1リットルを注ぎたい場合は、市販の計量カップをお使いください。粉末5gを専用スプーンで量って入れます。
  2. 粉末を入れたポットを強火にかけて沸騰させます。
  3. 沸騰したら弱火にして1時間煎じてください。弱火でも勢いが強いようでしたら、ポットのふたを外してください。

ご使用上の注意

  1. 「タヒボNFD」はお茶代わりに飲むと宜しいです。
  2. 耐熱ガラス製、陶器、またはホーロー製のポットをご使用になることをお勧めします。特に、鉄製のものはお避けください。1.2リットル位の容量のポットがおすすめです。
  3. 「タヒボNFD」を粉のままでは飲まないでください。粉末タイプを粉のまま飲んでも成分を摂取することができません。粉を飲んで成分を摂りたい場合は「タヒボNFDまるごと」微粉末タイプをおすすめいたします。
  4. 「タヒボNFD」は、熱いままでも、冷やしても美味しくお召し上がり頂けます。お好みによりレモンスライス、蜂蜜などを入れても美味しく頂けます。
  5. お好みで「タヒボNFD」の濃度を調整いただけます。飲み方は健康維持を目的とした飲み方です。お客様の体調に合わせた飲み方のアドバイスも行っておりますので、フリーダイヤルにてお問い合わせください。
  6. 長期間保存が可能な密封包装ですが、高温多湿のところはお避けください。
  7. 「タヒボNFD」の成分については成分表をお読みください。もし、体質に合わない時は、飲用を一旦中止して販売店にご相談ください。
粗悪な類似品が出回っています!ご注意下さい!
最近、粗悪な類似品が数多く出回っております。一部の類似品の販売業者はタヒボジャパン社の資料などを無断で使用するだけでなく、転載なども行っている悪質業者です。それらの業者の中には「タヒボNFD」の成分に遥かに及ばない粗悪な原料を研究分析することなく販売している者さえおります。タヒボジャパン社では、原料の伐採を一貫して自社で行い、高品質なものを選別、品質の保証を受けたもののみを製品化し、皆様にお届けしております。「イペ」「パウダルコ」「ラパチョ」「タベブイア」と称して販売されているものなどは、タヒボジャパン(株)商品とは一切関係ありません。類似品にはくれぐれもご注意いただき、お買い求めの際は、 タヒボジャパン(株)の「タヒボNFD」とご指定下さい。
タヒボ類似品との差別化を図るために商品名が[TAHEEBO NFD]に変更となりました。
「タヒボNFD」「TAHEEBO NAFDIN(タヒボナフディン)」「タヒボNFD まるごと」は、タヒボジャパン株式会社の登録商標です。(商標登録番号 第4662900号 第4732703号 第5770091号 )

お客様の生活習慣やライフスタイルにあわせた、さまざまなタイプの商品を揃えています。

ティーバッグ画像小 エッセンス画像小
手軽なティーバッグの煮出しタイプ 溶かして飲む顆粒タイプ
粉末画像小 ナフディン画像小
発売以来変らぬ、粉末の煮出しタイプ 少ない水分で摂れる軟カプセル
微粉末画像小 タブレット画像小
まるごと摂れる微粉末タイプ 微粉末を固めた飲みやすいタブレット
迷っている方はこちらのページもご参照ください→『タヒボNFD』の選び方
お電話でのご相談も受け付けております。下記フリーダイヤルまでどうぞ。
お客様の体調に合わせた飲み方のアドバイスも行っておりますのでフリーダイヤルにてお問い合わせください。
お問合せ:0120-455-576(フリーダイヤル)
受付時間(日曜日祝日を除く9:00~18:00)