大切な家族に長生きしてほしいから……。

ペットにタヒボ

「タヒボNFD」は人間用の健康食品ですが、ここ数年「タヒボNFD」をペットにあげたいというお客様が増えています。弊社にお問合せいただくのは、おうちのワンコ、ニャンコ、フェレットのためにという方が多いです。
いままでのお問合せから、弊社よりペットにおすすめタヒボ茶「タヒボNFD」まるごと微粉末をご紹介します。

「タヒボNFD」まるごと微粉末

タヒボの内部樹皮の全てを特殊加工で粉砕し微粉末化した、タヒボをまるごと(100%)摂取できる商品です。(ノンカフェイン)
「タヒボNFDまるごと」微粉末微粉末状

まるごとをおすすめする理由

  • フードに混ぜて!栄養たっぷりのごはんになります
    まるごと微粉末は、粉のままタヒボの成分を摂ることが出来るので、ウェットフードなどに混ぜてあげることができます。少量であれば味もほとんど変わりません。
  • 煮出したタヒボ茶を飲み水として! 煮出し時間は5分!粉もそのまま飲めます
    まるごと微粉末は煮出して飲むこともできます。微粉末のため煮出し時間は5分と短時間。粉も一緒に飲むことができます。
  • 少量パックで使いやすい!
    「タヒボNFD」は人間用の健康食品であるため、小型犬、猫、フェレットなどにあげる場合はごく少量で充分です。まるごと微粉末は1包2gと少量での個包装となっておりますので、フードに混ぜたり、煮出す場合も大変使いやすく便利です。

ご利用方法

ご飯に混ぜる場合

ウェットフードなどに少量をふりかけて混ぜてください。

飲み水として煮出す場合

やかんやお鍋に水500mlと微粉末を入れ、火にかけます。沸騰したら弱火にして5分間煮出します。

※煮出す際、鉄製・アルミ製のやかんやお鍋は使わないようにしてください。ホーロー製のものがおすすめです。

摂取量の目安

  • フードにまぜる場合は1包を小分けにしてお使いいただけます。
  • 煮出す時に作りやすい分量は水1リットルに対し、2~3包です。
    煮出した場合、一日で飲みきれないほどタヒボ茶ができあがります。下記の保存方法で保存し、少量ずつ与えてあげてください。毎日の健康管理としてお客様が一緒にお飲みになることもできます。

保存方法

粉末をそのまま使う場合

  • 開封した個包装はどうしても使い切れない場合、密封して高温多湿を避けて保存し、なるべく早めに使い切ってください。

煮出して飲む場合

  • 冷蔵庫で保存
    2~3日ほど保存することは出来ますが、若干匂いが代わってしまう場合があります。
    匂いに敏感な子は飲まなくなってしまうかもしれません。
  • 冷凍保存(おすすめ)
    冷凍保存がおすすめです。製氷機でをつかって小分けにして凍らせておくと、後で少量ずつ解凍して利用できるのでとても便利です。

私たちはこうやってあげています(健蘇社スタッフの場合)

スタッフS

うちにいるのは2歳のオス猫です。
子猫のころにお外からやってきた保護猫です。はじめは下痢と血便で大変でしたが、今ではすっかり健康体(多少太め)食べることと寝ることとお庭観察が大好き。猫に多い腎臓病予防のために今から少しずつタヒボをおやつに混ぜてあげています。めざせ20歳!


液体おやつをまるごと微粉末と混ぜた後、水で薄めています。(写真ではわかりやすいようにお水を先に入れていますが、おやつとまるごと微粉末に少しずつ水を加えながら混ぜるとよく混ざります)
タヒボは少量だと、ほとんど色も味も変わらないようでよく食べてくれます。

たくさん入れると味が変ってしまうので少量ずつあげるのがおすすめです。毛並みがよくなったように思います。


こんな感じでぺろりと食べてしまいます。


スタッフK

もうすぐ21歳のオス猫です。
人間の年齢に換算すると100歳ですが、衰えている様子もなく、日の当たる二階へと階段を駆け上がりお昼寝しに行ったり、外へ遊びに出たり食欲も旺盛。病気になっても高齢になると手術や治療は体に負担がかかるとお医者さんに言われたので予防のためにもタヒボをご飯に混ぜて食べています。


ウェットフードにまるごと微粉末をかけた後、混ぜています。混ぜたらほとんどわからないくらい少量であげるのがおすすめです。

高齢ですがご飯をよく食べてくれるようになりました。


スタッフF

6歳の男の子です。
ポメラニアンとシュナウザーのミックスで真っ黒なふわふわの毛が自慢です。
2歳の頃に、狂犬病の予防接種を受けたところてんかんを発症。副作用が強いため、薬は飲ませない方向で様子見中です。現在は発作はなく、毎日過ごしています。
体が弱いコなので、大好きなお肉と共にタヒボを食べさせています。自慢のふわふわの毛がさらにふわふわです。


お鍋にお肉と水とまるごと微粉末を入れて5分程煮て、汁ごあげています。
匂いに敏感な子なので、ただまるごと微粉末をかけただけでは食べませんでしたが、上の方法ですと、肉汁の風味のおかげが汁もすべて飲んでくれます。




「タヒボNFD」まるごとは手軽にあげられて健蘇社スタッフにも大人気です。



「タヒボNFD まるごと」(微粉末)に含まれる基礎成分・栄養素

基礎成分(2g中、微粉末1包=2g中、タブレット1包[6粒]=2g中)ビタミン類(2g中、微粉末1包=2g中、タブレット1包[6粒]=2g中)
熱 量7kcalイノシトール1.68mg
タンパク質0.1g
脂 質0.0g
炭水化物1.69g
ナトリウム0.1mg

ミネラル類(2g中、微粉末1包=2g中、タブレット1包[6粒]=2g中)その他(2g中、微粉末1包=2g中、タブレット1包[6粒]=2g中)
カルシウム65.8mg無水カフェイン0mg
0.06mg
カリウム3.8mg
リン0.4mg
マグネシウム1.1mg
亜鉛0.02mg
0.01mg
マンガン0.04mg

※財団法人 日本食品分析センター
平成26年11月17日 第14114514001号

※「タヒボNFD」はあくまで人間用の健康食品です。メーカーでの臨床試験などはあくまで人間を対象としたものです。メーカーは動物用として使用を推奨しているわけではありませんので、ご理解、ご了承の程宜しくお願いいたします。